アンコールワット展

先日、岡山県立美術館で開催されていた「アンコールワット展」に行ってきました。

5月末まででしたので、もう岡山ではやってませんが(^_^;)

世界遺産や遺跡が好きな夫婦ですので、もちろん今回も2人で行ってまいりました。

エジプト展とは違ってあまり人が多くなかったですね。

すんなり美術館の駐車場(無料)にとめれました。

アンコールワットといえば、カンボジアにあるヒンドゥー教や仏教の遺跡で、世界遺産にも指定されています。

「アンコールワット展」では仏像などを中心に展示されていました。

本当は現地にいって壮大なアンコールワット遺跡を見て来たいですけどね~。

誰か連れて行ってくれないかなぁ。

アンコールワット遺跡についてはコチラでどうぞ(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプト展&岡山城

「吉村作治の新発見!エジプト展」に行ってきました。

岡山市立オリエント美術館で5月31日まで開催されています。

今回の目玉はダハシュール北遺跡調査で発見された親子ミイラの木棺。

子供ミイラの木棺はレプリカでしたが、親ミイラ(チャイという人物だそうです)の人型木棺は本物を展示していました。

その他にも夫婦ミイラの木棺や、カイロ博物館所蔵の品々が展示されています。

以前にも2度エジプト展に行くほどエジプト好きな嫁と興味のある物にはとことんな旦那は、気が付くと2時間も見学していました(^_^;)

その後で、旦那が行きたいと言うので岡山城へ。

岡山城では特別展を開催していて、それを見に行きたいらしいのです。

「岡山開府物語 宇喜田氏から池田氏へ」という特別展では、岡山城を築いた宇喜田家からその後の城主である池田家までの資料が展示されていました。

岡山城を作ったのが宇喜田直家だったなんて、初めて知りましたよ嫁は(^_^;)

初めは仕方なく付き合って行った岡山城でしたが、結構面白かったです(笑)

最近少しだけ日本史に興味を持つようになったので、地元の歴史も解って良かったです。

岡山城の特別展は5月10日までですので、興味のある方は是非♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青いミイラマスク

すっかりアップするのを忘れていましたが・・・

「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」に行って来たのでありました。

もう一ヶ月くらい前なんですがね(^_^;)

目玉はセヌウという神官のミイラマスク。

TVや写真で見るより小さく感じましたが、色彩は鮮やかで素晴らしかったです。

その他ツタンカーメンとその王妃アンケセナーメンの指輪などの貴重な品も多く見られましたよ♪

日本で見られるのはこの機会だけと言われていたので、見に行けて良かったです!

吉村先生のオフィシャルサイト、吉村作治のえじぷとぴあ

詳しくはこちらで(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジゼル

30日にバレエ鑑賞に行ってまいりました!

しかも1人で。

まわりに誰もバレエに興味持ってる人がいないので仕方ないのですが^^;

車で30分の倉敷市民会館なので小心者の嫁でも1人で行ける範囲です。

K-BALLET COMPANY 「ジゼル」

(主な出演者)ジゼル=ヴィヴィアナ・デュランテ、アルブレヒト=熊川哲也 

一度、熊川氏の舞台を見たいと思ってたので、ようやく観に行くことができて嬉しかったです(*^-^*)倉敷に住んでて良かった♪

「ジゼル」というとロマンチックバレエの代表作の一つで、2幕での幻想的なウィリー(亡霊)の踊りが印象深いです。

もちろんK-BALLET COMPANYでは熊川氏のソロにも人気があります

ってか、それがお目当ての人も多いのでは・・・(^_^;)

私も半分はそれが目的だったり(*^_^*)

もうね、本当に素敵でした!

まず、舞台セットが素晴らしい。そして照明も。衣装も。

嫁はこの他にバレエというと、レニングラードの白鳥の湖しか見たことないのですが、

それでも、このK-BALLET COMPANYの舞台環境がとても凄いものだと解ります。

熊川氏のこだわりとセンスによるものでしょうね。

ヴィヴィアナさんのジゼルはまさにウィリーそのもの。

熊川氏のアルブレヒトもほんっと素晴らしかったです。

また倉敷で公演があったら是非行きたいです!

できれば今度はもっといい席で(貧乏人にS席はキビシイ(>_<))。

| | コメント (2) | トラックバック (0)