« おめでとう | トップページ | signe&リエゾン »

「ダ・ヴィンチ コード」

(前回より)

旦那は12時5分前に帰ってきましたが、さすがにケーキは12時までには食べられませんでした。(^へ^;)

 

さてさて、先月の事になりますが

「ダ・ヴィンチ コード」を観て来ました。

本は読んだ事ないのですが、TVで何度かダ・ヴィンチ コードについての特番を見てました。

暗号やら推理やらは得意のではないのですが、もともと神話などが大好きな嫁には、と~っても面白かったです。

出演は、トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、などなど

映画「アメリ」でとってもキュートな役柄だったオドレイ・トトゥが、この映画ではクールで大人な女性を演じています。

アメリも可愛かったけど、私的にはこっちの役の方が素敵だなと思いました。

人間としてのイエス・キリストの生涯って、本当はどうだったんでしょうね。

バチカンなどのカトリック教会では認められていない「ダ・ヴィンチ コード」ですが、この本の内容がキリストのある一部分である可能性はなきにしもあらずのような気もします。(ややこしい日本語^^;)

|

« おめでとう | トップページ | signe&リエゾン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111356/10469418

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダ・ヴィンチ コード」:

« おめでとう | トップページ | signe&リエゾン »